/

この記事は会員限定です

<東証>MDVが一時20%安 「売り主体はヘッジファンド」の声

[有料会員限定]

(14時20分、コード3902)MDVが続落し、前日比670円(19.8%)安の2710円を付けた。22日の東京市場で東証マザーズ指数が一時5%超の下げとなるなど新興株が大幅安となり、オンライン診療関連銘柄の一角として個人投資家から物色されてきたMDV株にも売りが膨らんだ。市場では「MDV株は店内では買い越しのため、売りの主体は過熱感を警戒したヘッジファンドなど機関投資家ではないか」(ネット証券の情...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン