/

ビットコイン、一時10%超下落 新通貨BCCに乗り換えの動きも

インターネット上の仮想通貨、ビットコインの価格が大きく下落している。情報サイトのコインマーケットキャップによると、ドル建て価格は日本時間22日午後に一時3670ドル前後と、前日の高値から10%超下落した。ビットコインから分裂して誕生したビットコインキャッシュ(BCC)も午前に570ドル前後と、20%超下落した。このところ個人などの資金流入が続き、上昇傾向が強まっていた反動で持ち高調整の売りがかさんでいる。ビットコインは前週、4500ドル前後まで上昇幅を広げていた。

大手取引所のビットバンク(東京・品川)の広末紀之社長は足元のビットコインとBCCの関係について、「ここ数日は取引を承認する採掘者であるマイナーの関心がBCCに集まっている」と指摘する。「BCC取引の信頼性が向上するなか、ビットコインを売却してBCCを購入する動きもみられる」という。そのためBCC価格は安値からの持ち直しが速く、すぐに600ドル台を回復している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン