/

この記事は会員限定です

三菱自、時価総額3500億円消える 燃費不正で株急落

[有料会員限定]

22日の東京株式市場で三菱自動車(7211)が連日で急落した。終値は前日比79円安の504円だった。燃費不正問題が発覚する直前の19日からきょうまでの3日間の下落率は42%に達し、時価総額は8498億円から4957億円に約3500億円吹き飛んだ。ブランドへの信頼が大きく揺らぎ、投資家の売りが止まらない。

トヨタ自動車(7203)やホンダ(7267)など主要メーカー10社の時価総額の合計は22日時点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り262文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン