2018年8月17日(金)

9月の貿易赤字9583億円、同月として過去最大 赤字は27カ月連続

2014/10/22付
保存
共有
印刷
その他

 財務省が22日発表した9月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は9583億円の赤字だった。貿易赤字は27カ月連続。9月としては13年(9432億円の赤字)を上回り、現行基準で比較可能な1979年以降で最大となった。輸出額はアジア向けを中心に拡大したものの、液化天然ガス(LNG)など燃料輸入や、米アップルの新型スマートフォン「アイフォーン6」発売に伴う中国からの通信機の輸入が増え、貿易赤字が膨らんだ。

 輸出額は前年同月比6.9%増の6兆3832億円。輸出が前年同月を上回るのは2カ月ぶり。自動車や鉄鋼、船舶の輸出額の増加が寄与した。地域別では対アジアが8.1%増の3兆4410億円と2カ月ぶりに増加。うち中国は8.8%増の1兆1544億円で、9月としては最大となった。米国向けも2カ月ぶりの増加となった。輸出全体での数量指数も2.8%増えた。

 一方、輸入額は6.2%増の7兆3415億円で、2カ月ぶりの増加。品目別ではLNGが21.0%増えたほか、携帯電話を中心とする通信機が11.6%増と目立ち、輸入額は9月としては79年以降で最大となった。地域別では、アジアからが8.8%増の3兆4411億円で、このうち中国が8.3%増の1兆8240億円。EUからは4.2%増の6988億円だった。アジア、中国、EUからの輸入額はいずれも9月としては過去最大だった。対米国も2カ月ぶりに増加に転じ、4.4%増の1兆1582億円だった。輸入全体の数量指数は3.0%増えた。

 為替レート(税関長公示レートの平均値)は1ドル104円94銭で、前年同月比6.2%の円安。貿易収支は対米国が5407億円の黒字で、8カ月ぶりに前年同月比で黒字額が増えた。対中国の貿易赤字は6696億円で31カ月連続の赤字で、対EUの貿易赤字も491億円と21カ月連続して赤字だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報