/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 増える「ブロックチェーン銘柄」、飲料メーカーも参戦 問われる選球眼

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=森田理恵】21日の米ダウ工業株30種平均は反発し、前日比55ドル高で終えた。税制改革法案の議会通過で大型の優良株に買いが入ったほか、ビットコインなどの仮想通貨やその基幹技術であるブロックチェーン関連銘柄の物色も引き続き活発だ。仮想通貨にかかわる分野には本来関係ないはずの業種から「転身」する企業が相次いでいる。投資家は選球眼を求められそうだ。

この日、市場の話題をさらったのがニュ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1241文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン