10月の貿易収支、4961億円の黒字 2カ月連続プラス

2016/11/21 9:36
保存
共有
印刷
その他

財務省が21日発表した10月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は4961億円の黒字(前年同月は1047億円の黒字)となった。貿易黒字は2カ月連続。QUICKがまとめた市場予想は6100億円の黒字だった。円高の影響で輸出入ともに減少が続いているが、原油価格の低迷などで輸入額の減少幅の方が大きくなった。

輸出額は前年同月比10.3%減の5兆8699億円にとどまり、13カ月連続で減った。10月の為替レート(税関長公示レートの平均値)は1ドル=102円40銭と、円が対ドルで前年同月に比べて14.7%上昇したことが影響した。

アラブ首長国連邦(UAE)やサウジアラビア向けの自動車、イタリア向け鋼管の輸出が減少した。地域別では米国が11.2%減、中国を含むアジアは9.9%減だった。

一方、輸入額は16.5%減の5兆3737億円と、22カ月連続のマイナスだった。サウジアラビアからの原粗油、マレーシアからの液化天然ガス(LNG)などの減少が目立った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]