官房長官、携帯電話市場「競争なく高収益、おかしい」

2018/9/21 18:24
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は21日午後の記者会見で、大手3社のシェアが高い携帯電話市場について、「公共の電波を使って事業を手がけているにもかかわらず、3事業者が競争していない。寡占状態も変わっていない」と指摘した。

寡占状態が続くことで「全業種の平均利益率は6%なのに、(3社は)20%で、高い利益を上げている。おかしいのではないか」とも述べた。

総務省は10月以降に有識者会議を開き、携帯電話料金の見直しなどを議論する。菅官房長官は「総務省を中心に、透明でわかりやすいサービスを提供するよう競争を促していくことが必要」と話した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]