/

この記事は会員限定です

シンガポール株21日 続落、新型肺炎やアジアからの資金流出を懸念

[有料会員限定]

【NQNシンガポール=依田翼】21日のシンガポール株式相場は続落した。主要株価指数ST指数の終値は、前日比17.65ポイント(0.55%)安の3181.03だった。新型肺炎の感染拡大への懸念が根強いなか、週末ということもあって持ち高を調整する売りが優勢となった。米ドル高の進行によるアジアからの資金流出懸念も投資家心理の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン