2019年6月26日(水)

オアシスCOO、アルパインの株主提案否決「失望した」

2018/6/21 17:36
保存
共有
印刷
その他

香港の投資ファンド、オアシス・マネジメント・カンパニーのフィリップ・マイヤー最高執行責任者(COO)は21日、記者向けの説明会を開き、アルパイン(6816)への株主提案が同日開催の株主総会で否決されたことについて「失望した」と語った。オアシスは増配や社外取締役の選任を求める株主提案を出していた。

マイヤー氏はアルプス電気(6770)によるアルパインの完全子会社化をめぐる株式交換比率(アルパイン株1株に対し、アルプス株0.68株)についても重ねて不満を示した。「経営統合自体には反対しないが、現在の株式交換比率はアルパイン株の価値の半分しか反映されていない」と批判した。

そのうえで「今後はアルパインの米谷信彦社長と一対一でざっくばらんに対話するなど、様々な選択肢を検討する」と強調。「今回の株主提案の否決で我々が負けたとは思っていない」とも付け加え、アルプスとアルパインの経営統合を正式に決める12月の臨時株主総会へ向けてほかの少数株主からオアシスへの支持が高まるとの見通しを示した。

マイヤー氏は「日本市場に対して前向きな展望を持っている」とも述べた。「コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)や(機関投資家の運用責任を明確にする)スチュワードシップ・コードを通じてさらなる前進がみられると思っている」と期待を示した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報