官房長官、核燃料サイクル推進は「重要」 もんじゅ廃炉決定で

2016/12/21 16:46
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は21日午後の記者会見で、政府が同日の関係閣僚会議で高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の廃炉を正式決定したことについて「結果として当初期待された成果が出るに至らなかったのは事実」との認識を示した。一方で「我が国が高速炉を実用化していく上で貴重な経験とデータが生み出された」とも述べ、今後も核燃料サイクル政策と高速炉開発を推進していくことが「極めて重要」だと話した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]