/

この記事は会員限定です

「バブルやMMTブーム、低金利時代の必然」櫻川慶大教授

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

米国株は最高値圏にあるが、米連邦準備理事会(FRB)は金融緩和姿勢に転じそうだ。米国を中心に政治の世界では、伝統的な経済学の議論では解明できない様々な現象を目の前にして、「政府支出に財源は不要」などの主張で異端視される「現代貨幣理論(Modern Monetary Theory、MMT)」を巡る議論が活発だ。背景には世界的な潜在成長率の低下がある。「金融市場で頻繁に起きるバブルや、昨今のMMTブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1219文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン