/

日銀総裁、緩和の副作用「留意必要だが効果がコストを上回っている」

日銀の黒田東彦総裁は21日の金融政策決定会合後の記者会見で、低金利政策が長期化していることについて「マイナス金利含めた低金利環境が長期化で家計に一定の影響及ぼしていることは認識している」としながらも「効果は経済全体に与える影響を踏まえる必要ある。雇用所得環境の改善など家計全体にとってもプラスの効果がある」との考えを述べた。「金融仲介機能に及ぼす影響、副作用には留意が必要だが、現時点では効果がコストを上回っている。引き続き2%目指して強力な金融緩和を推進していく」と強調した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン