12月の食品スーパー売上高、既存店1.0%減 冬物商材が振るわず

2020/1/21 14:02
保存
共有
印刷
その他

日本スーパーマーケット協会など食品スーパー業界3団体が21日発表した2019年12月の全国食品スーパー売上高(速報値、既存店ベース)は、前年同月比1.0%減と、前年実績を14カ月連続で下回った。前年に比べて気温が高く鍋物など冬物商材の販売が振るわなかった。前年まで祝日だった23日を含むクリスマス時期が平日だったために、クリスマス商戦も盛り上がりに欠けた。全店の売上高は0.3%増の1兆554億円だ…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]