/

この記事は会員限定です

上海株前引け 反落、資金流出への警戒が重荷 アジア300指数は続伸

[有料会員限定]

【NQN香港=川上宗馬】21日午前の中国・上海株式相場は反落した。上海総合指数の午前の終値は前日に比べ11.7482ポイント(0.35%)安の3316.3547だった。香港との証券相互取引を通じた海外投資家による中国株売買(北行き)での売り越しが続いており、短期的な資金流出への警戒が相場の重荷となった。半面、元高の進行が相場を下支えした。

軍需関連や鉄鋼が売られた。石炭や石油株も安い。食品株も下落し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り371文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン