日本取引所CEO、新区分移行後の経過措置「年単位だろう」

2020/2/21 16:46
保存
共有
印刷
その他

日本取引所グループ(8697)の清田瞭最高経営責任者(CEO)は21日、都内で開いた定例記者会見で、東京証券取引所の市場区分の見直しで2022年4月の新区分移行後の経過措置の期間について「年単位だろう」との認識を示した。上場企業に対しては「21年の年末くらいまでに市場区分を選択してもらう」と述べたうえで、経過措置の期間は企業の選択の状況を見て検討する必要があるとした。

現行の東証1部に上場する企…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]