/

この記事は会員限定です

長期金利、新たな下限はマイナス0.25%か 低下止まらず

[有料会員限定]

国内長期金利の低下が続いている。21日の債券市場では一時、2016年7月以来の水準であるマイナス0.195%まで低下した。誘導目標を「ゼロ%程度」とする日銀は、どこまでマイナス幅の拡大を容認するのか。黒田東彦総裁が20日の会見で「弾力的に対応」と発言し、債券市場では低下余地を試す動きが強まった。これまでマイナス0.2%と意識されていた下限は、新たに「マイナス0.25%に切り下がった」との見方が浮...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り903文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン