/

この記事は会員限定です

大船に乗れない日本株 限られる日銀緩和カード

[有料会員限定]

21日の東京株式市場で日経平均株価は小幅安で午前を終え、買いの乏しさを印象づけた。米連邦準備理事会(FRB)の早期利下げ観測を背景に、米ダウ工業株30種平均が過去最高値に迫る上昇を見せても、日本株の出遅れ感は修正されないままだ。売買代金が少ない低体温相場も継続している。

「海外投資家の間ではあえて日本株を買う必要はないとの認識が広がっている」と三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン