/

この記事は会員限定です

株、「明かり差す国内景気」が下支え 敏感株に買い、第3次補正も期待

[有料会員限定]

21日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前引けは109円高の2万3676円だった。米追加経済対策を巡り、停滞が続いていた与野党協議に進展があったとの見方から米株が上昇。国内でも買いが優勢になった。ここ数週間の国内株相場は米大統領選の動向や経済対策協議の推移に振り回されながらも、おおむねしっかりした展開が続く。国内景気を巡る明るい材料が増えつつあり、薄商いのなかでも相場を支えている。

足元の米国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1475文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン