/

6月の白物家電出荷額、9カ月ぶり増 3000億円超、エアコン好調

日本電機工業会(JEMA)が21日発表したエアコンなど白物家電の6月の国内出荷額は前年同月比5.8%増の3073億円となり、9カ月ぶりに前年実績を上回った。単月で出荷額が3000億円を超えるのは2000年以降で初めて。政府の緊急事態宣言の解除を受けて家電量販店に客足が戻ったうえ、政府による1人10万円の給付金の支給も家電需要につながった。

ルームエアコンは9.5%増の1482億円と9カ月ぶりにプラスとなり、出荷数量ベースでは6月単月として過去最高だった。電気洗濯機は4.4%増と2カ月連続でプラスとなったほか、電子レンジや空気清浄機など多くの品目で出荷額が前年を上回った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン