バンナムHDとドリコム、共同設立会社の新作発表 ゲームショウで

2017/9/21 13:17
保存
共有
印刷
その他

バンダイナムコホールディングス(7832)は21日に開幕したゲーム見本市「東京ゲームショウ」で、2018年春に配信するブラウザーゲームの3タイトルを発表した。「ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ」「プロ野球ファミリースタジアム マスターオーナーズ」に加え、新キャラクターを軸とした「アイドルマスター」シリーズの新作を同時配信する。

傘下のバンダイナムコエンターテインメントとドリコム(3793)が共同設立した運営会社BXDが配信する。プログラミング言語「HTML5」の機能を活用し、手軽にブラウザーで楽しめるブラウザーゲームの配信プラットフォームの稼働を目的に8月に設立された。他社が開発するサードパーティ発のゲーム配信も検討している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]