/

違法民泊の取り締まり強化へ 関係省庁の連絡会議が初会合

厚生労働省や観光庁など民泊に関係する省庁は21日午後、違法民泊対策の連絡会議の初会合を開いた。民泊を全国で解禁する住宅宿泊事業法(民泊法)の施行を6月15日に控え、無許可の民泊施設が広がりかねない現状についての情報共有を進めた。

厚労省の宇都宮啓生活衛生・食品安全審議官は冒頭、「違法なものをしっかりと取り締まって、健全な民泊の推進に尽力、協力して頂きたい」と述べた。

連絡会議には厚労省や観光庁のほか、国土交通省、警察庁、消防庁などの担当者が出席した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン