/

この記事は会員限定です

アベノミクスの光と影 3つの「K」と3つの「S」

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」を続けるべきか、修正すべきか、はたまた新たな経済政策に転換すべきか――。衆院が21日解散され、12月14日の投開票に向け論戦が始まった。アベノミクスがもたらした光と影を点検すると、3つの「K」と3つの「S」が浮かび上がる。

「『期待』に働きかけ続けた2年間」。アベノミクスを振り返り一言で表現するとこうなるだろうか。日本人のデフレ心理を一掃し、物価上昇への期待を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1850文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン