/

浜田内閣官房参与、追加緩和「コアコアで達成できないなら必要」

浜田宏一内閣官房参与は21日午後、都内で開かれた「QUICK FactSet 特別セミナー」で講演し、日銀が掲げる2年で2%の物価安定目標について「何%という数字にがんじがらめになることはない」との認識を示した。そのうえで「インフレ目標は副次的な目標であり、副次的な手段」と語った。

原油安でインフレ目標の達成が厳しくなっているが、「インフレ目標は物価指数からはエネルギー価格を除くべきだ」と指摘。その一方で、「(エネルギーと食品を除いた指数の)コアコアでも(物価目標を)達成できないのであれば追加緩和をする必要がある」と語った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン