/

NEC、アジアを結ぶ光海底ケーブルの供給契約を締結 OLLと

NEC(6701)は21日、NTT(9432)などが出資するOrient Link(OLL、シンガポール)と、東南アジアなどの主要国を結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクト「MIST」のシステム供給契約を締結したと発表した。

「MIST」はシンガポール、マレーシア、ミャンマー、タイ、インドを結び、総延長距離は約8100キロメートル。ケーブルは最新の光波長多重伝送方式を採用し、設計容量は毎秒216テラ(テラは1兆)ビット以上という。2022年末の完成を目指す。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン