/

この記事は会員限定です

日経平均、初の2万円台から28年 証券市場の夢再び

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

日経平均株価が初めて2万円台を付けたのが1987年1月30日。この日の終値は2万48円35銭だった。それから28年。「日本経済にイノベーション(革新)を起こすため、証券市場を金融の中心に」という夢が再び、語られ始めている。

「超低金利のカネ余りが生んだ不況下の株高」「不動産価格の急上昇に伴う含み資産をはやした実体の裏付けのない楼閣」。初の2万円を当時のメディアはこう伝えた。中には「債務型から株式...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り925文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン