/

健康経営銘柄にアサヒや大和など 経産省・東証が選定 25社一覧

経済産業省と東京証券取引所は21日、従業員の健康管理に積極的に取り組む「健康経営銘柄」としてアサヒグループホールディングス(2502)や花王(4452)、大和証券グループ本社(8601)など25社を選んだ。健康に配慮しつつ自己資本利益率(ROE)の高い上場企業を選定した。選定は昨年に続いて2度目で、昨年は投資家からも反響があったという。25社は以下の通り。

【初選定】

住友林業(1911)、ネクスト(2120)、ワコールホールディングス(3591)、塩野義製薬(4507)、リンナイ(5947)、IHI(7013)、トッパン・フォームズ(7862)、伊藤忠商事(8001)、リコーリース(8566)、東京海上ホールディングス(8766)、フジ住宅(8860)

【2年連続選定】

アサヒグループホールディングス(2502)、ローソン(2651)、花王(4452)、テルモ(4543)、コニカミノルタ(4902)、東燃ゼネラル石油(5012)、ブリヂストン(5108)、TOTO(5332)、神戸製鋼所(5406)、川崎重工業(7012)、大和証券グループ本社(8601)、東京急行電鉄(9005)、日本航空(9201)、SCSK(9719)〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン