セゾン投信社長「経営理念変わらない」 日本郵便の出資受け入れ

(1/2ページ)
2014/10/23付
保存
共有
印刷
その他

クレジットカード大手クレディセゾン(8253)の100%子会社で独立系投資信託会社、セゾン投信が10月15日付で日本郵政グループの日本郵便の資本参加を受け入れた。日本郵便はセゾン投信の株式40%を握る大株主となり、投信のPRなどに取り組むという。資本参加の背景について、セゾン投信の中野晴啓社長に聞いた。

セゾン投信 中野晴啓社長

セゾン投信 中野晴啓社長

 ――セゾン投信のメリットは何ですか。

「当社は金融機関を介さずにファンドを販売する直販方式が強みだ。販売手数料や運用管理費用を低く抑えられ、長期投資に的を絞った顧客本位の運用ができる。これまで何百回も全国各地で長期投資の必要性を訴えてきたが、限界を感じていた。日本郵便との提携で郵便局の顧客であるシニア層など新たな投資家を開拓する足がかりができた。郵便局を現役世代が集まる場所に変える一端を当社が担うだろうし、それが実現できれば当社のビジネスにも間違いなくプラスだ」

――日本郵便は8億円を出資するにもかかわらず、投信の窓口販売はせず、PRだけをするとしています。窓販してもらった方がよくありませんか。

「むしろ逆。特定の金融機関の商品ラインアップに並ぶのは当社の理念に反する。顧客最優先という言葉がむなしく響く金融業界にあって、当社は顧客本位が一番の価値だ。金融商品を粗製乱造したり、販売手数料をとることは一時的には成果を上げるかもしれないが、長期的には成長につながらない。日本郵便が販売したいという話であればお断りしていたと思う」

――日本郵便は出資のメリットが見えにくいとの指摘もあります。

「国内の人口が減る中、郵便局の形態そのものの将来性はかなり厳しい。新たな成長が見込まれる会社に出資先を求めていたのだろう。あくまで純投資だと思っている。日本郵便は新たな価値を注入して21世紀に必要とされる郵便局に変革しなければいけないという課題の中での決断だったはずだ。日本郵便にとって8億円は大金ではない」

――出資に至るそもそもの経緯は。

「日本郵便から2013年8月に当社の株を持ちたいと申し出があった。私自身はそんなことができる相手だと思っていなかったから最初は本気で取り合っていなかった。その後の資産査定(デューデリジェンス)の中で、日本郵便の幹部が当社の一般投資家向け長期投資セミナーや懇親会に何度も足を運ぶ姿を見て、熱意を感じて出資を受け入れた」

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]