7月全国スーパー売上高、前年比2.1%減 「回復力、力強さに欠ける」

2014/8/21付
共有
保存
印刷
その他

 日本チェーンストア協会が21日発表した7月の全国スーパー売上高は全店ベースで1兆877億円となった。既存店ベースでは前年同月比2.1%減だった。前年実績を下回るのは4カ月連続。前年に比べて梅雨明けが遅れるなど天候不順が響き、夏物衣料品が苦戦した。消費増税前に消費者が買いだめた生活用品などに反動減も残った。

 減少率は6月(2.8%減)に比べてやや縮まったものの、小幅な改善にとどまった。同協会の井上淳専務理事は「消費増税の反動減は和らいでいるものの、回復力は力強さに欠けている」との見方を示した。

 商品別では衣料品が8.6%減と落ち込みが目立った。天候不順が響き、婦人・紳士衣料ともに前年に比べ1割近く減少した。食料品は0.5%減。相場安の影響を受け、キャベツやトマトといった農産品が2.3%減と苦戦した。コメや調味料などその他食品(2.0%減)や、家電製品、トイレットペーパー、化粧品といった住宅関連品(2.7%減)も、消費増税前の買いだめ需要の反動減が残り、振るわなかった

 一方、明るい材料としては人気ゲーム「妖怪ウォッチ」関連商品の販売が好調で「売上高を下支えした」(同協会)という。7月10日に発売した携帯ゲームソフト「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」が好調だったほか、キャラクターを使用した子供用Tシャツや弁当箱なども売上高の押し上げに寄与した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 23日 21:30
23日 7:05
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
23日 22:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報