/

この記事は会員限定です

米経済対策巡る協議の行方に注目

(先読み株式市場)

[有料会員限定]

21日の東京株式市場で日経平均株価は反発か。難航していた米国の追加経済対策協議について、与野党間で合意に至る可能性が高まったとの期待で米国株が上昇した。投資家のリスクを取る姿勢がやや強まり、日本の市場でも買い優勢で始まりそうだ。協議結果などの報道を受けた短期筋の売買が相場を動かす場面もあるとみられる。市場からはきょうの日経平均について、2万3700円近辺が上値のメドと予想する声が聞かれた。

前日の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り836文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン