2019年4月19日(金)

全国百貨店売上高、3月は0.1%増 インバウンド消費、過去最高

2018/4/20 15:28
保存
共有
印刷
その他

日本百貨店協会が20日発表した3月の全国百貨店売上高は5202億円(全店ベース)だった。既存店ベースでは前年同月比0.1%増で、4カ月ぶりに前年を上回った。訪日外国人による消費が過去最高を記録したほか、平均気温の上昇で春物衣料の減速に歯止めがかかった。

商品別では、全体の3割を占める衣料品が前年同月並みに回復した。スプリングコートやジャケットといった春物衣料が売れた。寒暖差が大きかったため、スカーフや帽子なども好調だった。美術品や宝飾品など富裕層による高額消費も増加した。一方、全体の25%を占める食料品は2%減と振るわなかった。

訪日外国人向けの免税売上高は前年同月を48%上回る290億円と過去最高を記録し、16カ月連続のプラスとなった。化粧品や高級ブランド品の伸びが目立った。

地区別では、東京地区の百貨店売上高は1415億円だった。既存店は0.1%増と2カ月連続で増加した。訪日外国人消費が拡大している大阪は9.1%増だった。

日本百貨店協会の西田光宏常務理事は「好調な訪日外国人消費は東京オリンピックのある2020年までは続くだろう」との見方を示した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報