光世の18年3月期、2億5800万円の黒字に転換 手数料収入増

2018/4/20 14:32
保存
共有
印刷
その他

光世証券(8617)が20日発表した2018年3月期の単独決算は、最終損益が2億5800万円の黒字(前の期は1億1900万円の赤字)だった。年初までは株式相場が上昇基調をたどったため投資家の売買が活発で、手数料収入が増えた。トレーディング収益も大幅に伸びた。

売上高にあたる営業収益は前の期比64%増の12億円、営業損益は2億7300万円の黒字(前の期は2億1800万円の赤字)だった。年間配当は30円とした。前の期は3円だったが、17年10月1日付で10株を1株に併合しているため、実質的には変わらない。

19年3月期の単独業績予想は市況の影響を大きく受けるとして公表していない。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]