/

この記事は会員限定です

シンガポール株20日 反発、8カ月ぶり高値 アジアの中銀の緩和策が追い風

[有料会員限定]

【NQNシンガポール=村田菜々子】20日のシンガポール株式相場は反発した。主要株価指数であるST指数の終値は前日比36.01ポイント(1.29%)高の2813.01で、終値としては3月10日以来、約8カ月ぶりの高値を付けた。新型コロナウイルスワクチンの早期普及への観測や国内のコロナ感染の抑制を背景に、景気回復への期待感が根強かった。タイ中央銀行が通貨高抑制目的で外国資産への投資規制を緩和したほか、フ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り201文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン