/

この記事は会員限定です

沸き立つレジャー関連株 内需堅調、消費嗜好の変化が追い風

[有料会員限定]

映画やテーマパークなどレジャー関連株の上昇が目立っている。市場で主力の景気敏感株が米中貿易摩擦などの影響で手掛けづらいなか、外部環境の影響を受けにくく安定成長が見込めるとの期待が背景にある。日用品など日々の消費活動では節約しつつ、休日などの特別な日のイベントにはしっかりとお金をかける消費者行動も株価に現れているようだ。

興行収入で100億円規模の映画作品が続々――。2019年の映画界が数年ぶりの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1701文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン