/

この記事は会員限定です

「日本売り」シナリオの現実味は? 円急落、分かれる見方

[有料会員限定]

19日ににわかに急落した円相場に対し、外国為替市場の受け止めが交錯している。19日の円の下落幅は2円近くに達した。前日から1円以上動くのは2019年8月以来、約半年ぶりとあって、「動かない円」の急な心変わりに市場参加者は戸惑いを隠せない。弱気派からは米経済の底堅さを背景にした「米ドル一人勝ち」説に加え、2019年10~12月期のマイナス成長や新型肺炎の感染拡大などが「日本売り」を促すとのシナリオも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1390文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン