11/24 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: NYダウ反発で始まる 一時190ドル高、ワクチン実用化期待
  2. 2位: 日本株、出遅れ割安株が優位に 米大統領選で潮目変化[有料会員限定]
  3. 3位: ZOZO、アパレル一人勝ちの死角 下がる資産効率[有料会員限定]
  4. 4位: 2021年、ESGの奔流は止まらない[有料会員限定]
  5. 5位: 再編でよみがえる「変態企業」 自動車も進化の兆し[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 25,527.37 -106.97
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
25,540 ±0

[PR]

米国・欧州株概況

<米国>P&Gが反発 7~9月期決算が予想上回る

2020/10/21 0:41
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=岩本貴子】(米東部時間11時36分、コード@PG/U)20日の米株式市場で日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が反発し、前日比2.7%高の145.69ドルをつける場面があった。20日朝発表した2020年7~9月期決算で売上高と特別項目を除く1株利益が市場予想を上回った。21年6月期通期の売上高見通しを上方修正したことも買い材料視されている。

7~9月期の売上高は前年同期比8.5%増の193億1800万ドルとQUICK・ファクトセットがまとめた市場予想(183億8000万ドル)を上回った。洗剤・家庭用品部門が14%増と好調だった。新型コロナウイルスのまん延で消費者の衛生への意識が高まり、清掃用品などの販売が伸びた。化粧品部門は北米や中国でスキンケア製品が好調だった。ヘルスケア部門もオーラルケア製品の値上げが奏功し増収だった。

純利益は19.0%増の42億7700万ドル。特別項目を除く1株利益は1.63ドルと市場予想(1.42ドル)を上回った。

7~9月期決算を受け、通期の売上高を前期比3~4%増に引き上げた。従来予想は1~3%増だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム