4月のコンビニ売上高、10.6%減 外出自粛や時短営業で

2020/5/20 14:27
保存
共有
印刷
その他

日本フランチャイズチェーン協会(東京・港)が20日発表した4月のコンビニエンスストアの既存店売上高(速報値)は、前年同月比10.6%減の7781億円と2カ月連続のマイナスだった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛や在宅勤務の普及によりオフィス街や観光地などの店舗の販売が大幅に減少した。店舗により休業したり時間を短縮して営業したりしている影響も出た。

既存店の来店客数は18.4%減と2カ月連続で減少した。一方、客単価は9.5%増と7カ月連続の増加だった。冷凍食品やレトルト食品、酒類などのまとめ買い需要があった。

品目別では、4品目すべてがマイナスとなった。イベント自粛などにより各種チケット販売を含む「サービス」が21.8%減と大きく落ち込んだ。パンやデザート類の「日配食品」は13.0%減、冷凍食品やレトルト食品などの「加工食品」は8.5%減となった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]