/

この記事は会員限定です

<東証>第一三共が連日高値 年初から株価2倍、「機関投資家が消去法で買い」の声

[有料会員限定]

(13時50分、コード4568)第一三共が連日で上場来高値を更新している。一時、前日比130円(1.8%)高の7358円まで買われ、昨年末と比べて株価は約2倍を超えた。7月末に発表した2019年4~6月期の連結決算(国際会計基準)で、臨床試験(治験)を進めるがん治療薬に絡んで契約一時金を計上。新薬開発が順調に進んでいるとの見方から将来の収益貢献を見込んだ買いが続いている。

保有株に医薬品業を組み入れている機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り212文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン