/

この記事は会員限定です

<東証>ファナックが軟調 新型コロナ、景況感改善鈍化を懸念

[有料会員限定]

(12時30分、コード6954)ファナックが軟調となっている。一時、前日比150円(0.6%)安の2万4435円まで下落した。欧米や国内で新型コロナウイルスの感染拡大への懸念が続くなか「11月の経済指標が製造業の景況感改善の遅れを示唆する結果になる」(しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹運用本部長)との見方が重荷となった。急ピッチな株価上昇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り165文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン