/

日経平均前引け 反落、187円安の2万1633円

20日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、午前の終値は前日比187円52銭安の2万1633円64銭だった。前日の米株式市場でフェイスブックやアップルなどハイテク関連の一部が大幅に下落し、投資家心理が悪化。日本株にもリスク回避目的の売りが広がった。

東京地検特捜部は19日、仏ルノー・日産自三菱自の会長を兼務するカルロス・ゴーン容疑者を金融商品取引法違反の疑いで逮捕した。日産自株は20日午前の終値の段階で4%下げた。ただ市場では日産自個別の問題で、相場全体への影響は限られるとの見方が多かった。

日経ジャスダック平均株価は続伸。午前の終値は同7円82銭高の3533円14銭だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン