/

この記事は会員限定です

上海株大引け 小反発、創業板上昇も支え 商い低水準

[有料会員限定]

【NQN香港=桶本典子】20日の中国・上海株式相場は小反発した。上海総合指数の終値は前日比8.4760ポイント(0.25%)高の3378.6481だった。朝方は国内景気の減速を懸念する売りが先行したが、政策期待から上海市関連銘柄が急伸。深圳の新興企業市場「創業板」指数の上昇も投資家心理を明るくし、指数は午後は堅調に推移した。

上海市場の売買代金は1550億元と、6月30日以来約3カ月半ぶりの低水準だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン