/

長期金利0.2%割れ 世界的な金利低下も影響(主要国金利一覧)

20日の国内債券市場で、長期金利の指標である新発10年物国債利回りが初の0.1%台に突入した。さらに「マイナス利回り」の領域が5年ゾーンに及んだ。利回り低下の要因は、日銀による大量の国債購入だけではない。国債買い取りを伴う量的緩和政策が秒読みといわれるユーロ圏などで金利低下が進み、運用難にあえぐ投資マネーが日本にも流れた影響も大きい。

日本国債の利回りは欧米よりもはるかに低いが、外貨を為替スワップやベーシス・スワップなどのデリバティブ(金融派生商品)を通じて円に転換し運用した場合には高い利回りを得られるケースがある。以下に日米欧などの政策金利と国債利回りを一覧した。

【各国の政策金利、5年債利回り・10年債利回り一覧】

(日本時間20日15時時点の気配値)

政策金利 5年債 10年債

日本 量的・質的緩和 *マイナス0.005% *0.195%

米国 事実上ゼロ% 1.280% 1.810%

英国 0.50% 1.019% 1.527%

ドイツ 一部マイナス金利マイナス0.058% 0.387%

フランス 一部マイナス金利 0.066% 0.633%

イタリア 一部マイナス金利 0.754% 1.666%

スペイン 一部マイナス金利 0.788% 1.511%

ギリシャ 一部マイナス金利 気配なし 9.258%

スイス マイナス1.25~マイナス0.25 ※マイナス0.06%

デンマーク 一部マイナス金利 マイナス0.021% 0.585%

ノルウェー 1.25% 0.827% 1.362%

スウェーデン ゼロ% 0.034% 0.750%

カナダ 1.00% 1.084% 1.529%

韓国 2.00% 2.120% 2.365%

オーストラリア 2.50% 2.228% 2.669%

ニュージーランド 3.50% 3.417% 3.427%

※スイス10年債利回りはスイス国立銀行(中央銀行)が19日終値として公表した値。日本の5年物国債、10年国債の利回りは20日夕方までの最低水準。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン