2019年9月23日(月)

9/23 1:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,079.09 +34.64
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,910 +40

[PR]

主要企業ニュース

フォローする

タカラレーベ、那須高原でリゾート開発 二期リゾートの子会社と共同で

2017/4/20 17:28
保存
共有
印刷
その他

中堅マンション分譲のタカラレーベンは、「二期倶楽部」を運営する二期リゾート(栃木県那須町)の子会社と共同でリゾート事業を展開すると明らかにした。栃木県那須町にコテージとレストラン、温浴施設を建設し、2019年の開業を目指す。タカラレーベは分譲マンションの開発やメガソーラー事業を通して持続的な環境づくりを提案している。リゾート事業は企業の社会的責任(CSR)活動の一環と位置づける。

同社は那須町のホテル「二期倶楽部」に隣接した敷地でリゾート事業を展開する。工房を備えた長期滞在型の宿泊施設「アート・ビオトープ那須」を含む約4万平方メートル、1万2000坪の敷地に、15棟のコテージ「天と地」(仮称)や、同地の半径40キロメートル圏内で採れる新鮮な素材を使った食事が楽しめるレストラン、温浴施設などを設ける計画だ。

コテージの設計は建築界のノーベル賞ともいわれるプリツカー賞を受賞した建築家・坂茂氏に、レストランなどの設計はベネチアビエンナーレ国際建築展で最優秀賞の金獅子賞を受賞した建築家・石上純也氏に依頼した。

総事業費は約15億円を見込む。宿泊棟とレストランは19年6月のグランドオープンを目指す計画だ。施設オープンに先立って今年6月にはファームガーデン「水庭」を開業する。宿泊棟の計画地にある雑木林を、現在は牧草地となっている敷地内に移し、同リゾートが目指す自然との共生を感じることのできるエリアをつくる。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

主要企業ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。