/

この記事は会員限定です

<東証>富士フイルムが反落 「アビガン」有効性巡る報道を嫌気

[有料会員限定]

(9時45分、コード4901)富士フイルムが反落している。前日比で一時248円(4.9%)安の4818円まで下落した。同社の子会社が開発する新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」の有効性について、一部報道機関が「判断には時期尚早だ」と報じた。治療薬開発に関する期待が後退したと受け止めた売りが優...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り141文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン