/

この記事は会員限定です

1~3月期GDP、「見た目より悪い」0.5%成長 輸入急減が押し上げ

[有料会員限定]

内閣府が20日発表した2019年1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質が前期比で0.5%増(年率2.1%増)だった。公共投資の増加などがプラスに寄与した。ただ、内需の低迷を映した輸入の減少が、輸出の減少より大きかったことがGDPの押し上げ要因となった面がある。企業の設備投資の抑制傾向も鮮明で、市場の評価は総じて厳しい。それでも「額面」では意外な大幅成長。政府が10月に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1249文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン