決算発表の延期相次ぐ 古河電やオリンパス、大塚HDなど

2020/4/20 15:38
保存
共有
印刷
その他

20日も主要企業による2020年3月期(前期)決算発表の延期が相次いで発表された。古河電気工業(5801)は、5月12日に予定していた前期連結決算の発表を5月19日に延期する。オリンパス(7733)は5月上旬から5月29日に、大塚ホールディングス(4578)は5月14日から5月28日に延期した。延期理由について、各社とも新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、決算業務などの遅れなどを挙げている。

また、リクルートホールディングス(6098)は同日に「決算期末後45日以内」には発表できず、5月27日に発表するとの見通しを示した。新型コロナの感染拡大の防止を最優先に、可能な限り自宅などでIT環境を利用したリモートワークでの日常業務を推進しており、通常と異なる手続きで進めていることが理由だという。20日時点で、前期の連結業績予想は従来予想から「変更はない」としている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]