/

タカラバイオの4~9月期純利益、13%増に上振れ PCR検査関連需要で

タカラバイオ(4974)は20日、2020年4~9月期の連結純利益が前年同期比13%増の23億円だったと発表した。40%減の12億円との従来予想から大幅に上振れした。新型コロナウイルスのPCR検査関連製品の需要が想定を上回り、採算改善が進んだ。

売上高は同6%増の173億円、営業利益は26%増の38億円だった。いずれも168億円、25億円との従来予想を上回った。8月にもPCR検査関連が好調として業績予想を上方修正していた。

21年3月期の通期業績予想は精査したうえで11月10日の4~9月期決算の発表時に公表する予定としている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン