/

三菱自、燃費試験での不正を発表 日産自の指摘で発覚

三菱自動車(7211)は20日、自動車の燃費に関する試験で不正を行っていたと発表した。国土交通省へ提出する燃費試験データについて、燃費を実際よりも良くみせるため、不正な操作が行われていた。

該当車は2013年6月から生産している「eKワゴン」、「eKスペース」と、日産自動車(7201)向けに供給している「デイズ」、「デイズルークス」の軽4車種。16年3月末までに同社は15万7000台を販売、日産向けに46万8000台を生産している。該当車は生産、販売を停止し、補償については今後協議する。

次期車の開発にあたり、日産自側が該当車の燃費を測定したところ、三菱自側が届け出たデータとの乖離(かいり)があり、不正が発覚したという。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン