/

日証協会長、リポート「夏メドに指針」 クレディ・スイス問題で

日本証券業協会の稲野和利会長は20日に開いた定例の記者会見で、外資系大手のクレディ・スイス証券が公表前の上場会社の決算情報を自社の営業員らに伝えて顧客を勧誘した問題について「アナリストリポートの在り方についてのガイドライン(指針)を夏までに出したい」と話した。指針を通じて、アナリストや証券会社の内部管理体制の在り方を目で見える形にしていくという。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン