/

この記事は会員限定です

円急落、思惑呼ぶアジアでの売り 年度末の日本勢か

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 今 晶

[有料会員限定]

19日の外国為替市場で円相場が急落し、ニューヨーク市場では一時1ドル=111円60銭近辺と約9カ月ぶりの安値を付けた。オセアニア市場で付けたこの日の高値である109円85銭近辺からの振れ幅は2円近くと、久しぶりの大きさになった。円安の背景について市場では、中国の景気刺激策への期待や良好な米経済指標を受けたリスクオン(リスク選好)の構図が挙げられている。

参加者の主な関心事は、アジアや欧州の取引時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1025文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン