ソニー副会長、コロナ禍「3Rテクノロジーで社会貢献」

2020/10/20 11:23
保存
共有
印刷
その他

ソニー(6758)の石塚茂樹副会長は20日、人工知能(AI)とモビリティをテーマに日本経済新聞社が主催したイベント「AI/SUM&TRAN/SUM」で、新型コロナウイルスの感染拡大を背景に人が集まったりエンターテインメントを楽しんだりするのが困難になっている状況について「リアリティー、リアルタイム、リモートの3Rテクノロジーで解決し、社会貢献したい」と述べた。

コロナ禍を受けて世界的にライブやスポーツなどのエンターテインメントが制約されているとして「創業から得意としてきた高画質・高音質(リアリティー)を届ける技術をリアルタイムで実現し、新しい価値を生み出す」と強調。さらに「リモートでも実現できる提供価値は大きい」として技術開発に注力していると語った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]